熱転写ラベル

キャラクター
ハルトツツム
公式キャラクター「ハルオ」

熱転写ってどんなふうに使われていたり、どんなものなのか詳しく解説っ! 読むとアイデアがうかぶ!?

生地(アパレルやシートといった布地)へプリントを施す種類としては大きく4つ。

❶シルクスクリーン印刷 ❷インクジェット印刷 ❸昇華転写印刷 ❹熱転写印刷

他の印刷も生まれてきていますが、この4つがメインの方法でしょう。 ❶〜❸の印刷については別の機会で詳しく紹介できればと思っています。ポリマークがもっとも強みとする熱転写/熱転写ラベルについてご紹介します!

この記事の内容は以下のとおりです。

  1. 1) 熱転写が活躍する、場面や用途は?

  2. 2) 熱転写/熱転写ラベルの3つの特徴

  3. 3) 熱転写ラベル、その構造は?

  4. 4) 熱転写に機能を、新しい可能性を


  1. 1) 熱転写が活躍する、場面や用途は?

熱転写/熱転写ラベルの特徴は「2. 熱転写/熱転写ラベルの3つの特徴」で詳しく説明をしますが、まずは「どんな生地プリントのときに、熱転写という印刷が向いているか?」をご説明。

ブランドロゴやナンバーを印刷
〜同じ仕様のマークを複数の商品へ使いたい!〜

スポーツブランドであれば、Tシャツからタンクトップそしてスウェットまで多くの型(モデル)を1シーズンに新製品として展開します。Tシャツとスウェットといったように型(モデル)が違うけれども、胸に印刷するブランドロゴはブランディングの統一といった観点からも仕様(サイズ・カラー・意匠など)に一貫性をもたせていきます。デザインを印刷したフィルムを事前に作成。たとえTシャツとスウェットの生産する拠点が異なっていたとしても、世界のどんな工場でも安定的に同じ仕様の印刷を生地に施すことができます。


 

製品情報や警告に関する情報を印刷
〜情報をクリアに表示させたり、長持ちするタフなプリントがしたい!〜

熱転写の特徴として、デザインをフィルムに事前に印刷することで細かいサイズの文字・図案をクリアに表示することが可能です。生地プリントのなかでも最もクリアに情報表示をすることが可能な熱転写は、スポーツウェア等の首元にあるサイズ素材プリントや自動車のサインバイザー部分に施されているコーションラベルに採用されています。

スポーツウェアの軽量化をはかるためやアンダーウェアの快適性を確保するために織ネームに代わって採用される熱転写/熱転写ラベル


ハガレにくくて色アセしにくい印刷
〜過酷な環境で利用にも耐えうるプリントがしたい!〜

航空会社の整備士やガソリンスタンドのスタッフが着用する整備ユニフォームは、激しい気温差と直射日光にさらされる過酷な屋外環境にさらされます。また油汚れ除去のため高温洗濯によってクリーニング。整備ユニフォームにプリントされる会社名・ブランドロゴには高い耐久性を求められるので、ハガレにくく色アセしにくい熱転写が採用されています。


  1. 2) 熱転写/熱転写ラベルの3つの特徴

「熱転写のメリットは」というシンプルながら難しい質問にポリマークでは「ハンディ・アキュレート・ストロング」を合言葉にご説明

HANDY 〜ハンディ! 効率よく安定生産〜
フィルムを事前に作成すれば、世界のどんな工場でも安定的に生産できる!

ACCURATE 〜アキュレート 精巧な印刷が可能!〜
色が多いデザイン細かいサイズの情報でも、正確に細やかに美しく再現できる!

STRONG 〜ストロング 剥がれにくい色アセしにくい印刷!〜
素材や用途に合わせた弊社の独自開発の接着剤で、“剥がれないを実現!さらに耐久性に優れ“剥がれない”。

3) 熱転写ラベル、その構造は?

熱転写とは、透明のフィルムにデザインを印刷し、熱と圧力を加えることで衣料などに貼り付ける(=熱圧着する)マーキングの方法。デザインを事前にラベルに印刷して熱転写ラベルをつくります。


完成した熱転写ラベルは下の4つの層から形成されます

❶接着層: 熱を加わることによってこの接着層が溶けて「デザイン層」が生地に接着する

❷デザイン層: インクなどを重ねてグラフィックや文字情報などをひとつのデザインとして成形する

❸リケイ層: デザイン層を覆うカバーのような役割を果たす 熱を加えることでベースシートからスムーズに離れる

❹ベースシート: この層を土台にしてデザイン層に使われる”インク”や接着層に使われる”接着剤”をラベルを成形する

4) 熱転写に機能を、新しい可能性

熱転写/熱転写ラベルは元来、文字や絵柄を表現することが第一の目的でしたが、ポリマークでは現在、特殊加工した樹脂フィルムを用いることで様々な機能をもたせた「機能ラベル」の開発に挑戦しています!

 

EXCALE〜そのウェアをレベルアップする、樹脂レイヤー〜

滑らかにみえるサメの肌は突起とV字型の溝がついた細やかな鱗によって覆われておりサメが泳ぐときに水流を乱れることを防ぎ素早い遊泳を可能にするといわれています。ハリセンボンの遂げも実は鱗 外敵が接近したときに相手を威嚇する機能を果たします。

魚類・は虫類のカラダを覆う鱗(Scale: 魚類・は虫類などの表皮を覆う鱗)は様々は機能を有しています。 これらの鱗(Scale: スケール)が持つ機能に着目して開発されたのがウェアに機能を樹脂フィイルム『EXCALE』。

● 熱転写ラベルの表層や内部に特殊機能材を搭載させると、様々な機能を持たせることが可能
● 既存の機能ラベルに加え、新しい機能を追求したExcale® シリーズを開発
● Excale® シリーズのさらなる拡充で、マーキングソリューションの可能性を広げていきます

EXCALEの詳しい説明はコチラ

さて、熱転写が活躍する使い方や用途などを詳しく説明させていただきましたがいかがったでしょうか。 熱転写/熱転写ラベルは多彩な表現を可能にするだけでなく機能を付加することも可能な生地への印刷方法。 まだ私たちポリマークにも想像できていない用途がきっとあるはず!

「こんなことできないかな」と思ったときには、ぜひともご相談ください。 お待ちしております!

 

監修: 山本(営業部)

企画編集: 林マサツグ(bridge884)

 

どうだった?
熱転写って意外と色々なところで役にたっているでしょう
こんなこと出来ないかってあったら
ぜひ問い合わせてね〜

キャラクター

お問合せ・資料

記事をシェア

関連する記事

お知らせ 熱転写ラベル 環境活動

安心・安全の取り組み(OEKO TEX®スタンダード100 認証更新)2024年

お知らせ 熱転写ラベル

熱転写ラベルの最新トレンドとは?役割、技法から今後の予測まで解説します!

お知らせ 熱転写ラベル

世界最大規模の展示会『ISPOミュンヘン』訪問レポート

お知らせ 熱転写ラベル

福井のアパレル産業を体験する旅!~2023ジャポリの工場見学・神戸ファッション専門学校編~

お知らせ 熱転写ラベル

熱転写の魅力を聞いて、見て、実際に体験する1日!~2023ジャポリの工場見学・灯明寺中学校編~

お知らせ 熱転写ラベル

ワークショップ活動開始!熱転写を伝える旅の始まり!

熱転写ラベル 環境活動

水は弾いてもこのラベルは弾かない!~撥水生地向けラベルDWRトランスファー®をご紹介~

熱転写ラベル 環境活動

採用事例紹介! Vol.1 JR越前東郷駅に昇華転写プリント採用!

熱転写ラベル 環境活動

2022年の実績公開!環境配慮活動の進捗やいかに?

お知らせ 熱転写ラベル

テレビ取材を受ける!FBC福井放送『朝だよ!ハピネスふくい』〜取材の裏側、異業種のお仕事ぶりって勉強になる〜

熱転写ラベル

温度が変われば、色が変わる!? 〜温度変化感知ラベル、サーモマジックのご紹介〜

お知らせ 熱転写ラベル

わが社の新プロジェクト 地域資源を活かした商品開発等にたいして助成をする「ふくいの逸品創造ファンド事業」に採択 〜福井銀行 堀田さん、サポートをありがとうございます!〜

ページトップへ